ネットdeレッスン
 このコーナーは、「Hotennis.com」愛好家の皆さんにだけ、 こっそりとお教えする 「秘密のレッスン」のコーナーです。
お友達に内緒で上達し、クラスの仲間を驚かせてしまいましょう!
重いボールを打つ!
サリュートプロテニススクール
ヘッドコーチ  大沼 俊夫
 ストロークを打つ際、準備が遅れたり、打点が後ろになってしまうと手首を使ってこすり上げる方法しかなく、威力のないボールになってしまいます。(一見速いボールに見えても相手コートに弾んだ後伸びていかない。)
  相手コートに弾んだ後も、失速しないで伸びていく重いボールを打つ為には、@準備を早く、A打点を前にし、Bボールに体重を乗せ、C打球方向へ大きくフォロースルーさせます。 
  「速いボール」ではなく、体全体を使って「重いボール」を打つことを意識して下さい。
@準備(テークバック)を早くする
 準備(テークバック)はネットを越えてからするのではなく、相手のラケットからボールが離れたらすぐに始める。
 「後ろ側」ではなく、体の軸を中心に「腰を捻る方向」にラケットを引く。

 テークバックの位置はバウンドしたボールの高さによって変える。特にバウンドの高いボールに対して、高い位置にテークバック出来るよう注意する。
 両手の高さを水平に保ち、左手をある程度伸ばして、バランスを取る。

 バックハンドストロークもフォアと同様、ボールの高さに合わせてテークバック。両肩は地面と水平。

A打点は前で
 重いボールを打つためには、打点を前で取ります。具体的には、おへその横ではなく、おへその前にグリップを置くような感じになります。
 左手で落としたボールを自分で打ってみて、ボールが伸びていく打点を探してみて下さい。
 打点を前で取ろうと意識しすぎると、体が前に倒れてしまいます。このように前傾になるとバランスが悪く、体もうまく回転させることが、出来ません。前傾しないよう後ろ足はしっかり地面につけておきます。 バックハンドストロークも打点では、おへその横ではなく、前にグリップを置くような感じになります。
Bボールに体重を乗せる
 可能な限り前足に体重が乗せやすいスクエアスタンスで、前に踏み込んで打つべきです。  オープンスタンスでボールを打つと体重が後ろ足に残りやすい。  バックハンドストロークでは、左足のつま先を横ではなく、前に向けて踏み出す。そうすることにより右足が自然に前に出せて体重も乗せ易くなる。

C打球方向へ大きくフォロースルー

 重いボールを打つためには、ボールに体重を乗せて前に大きくフォロースルーをとります。
 上半身を回転させ、右肘を前に突き出します。

 体の軸を真っすぐに保ったまま、体を回転させると、しっかりフォロースルーがとれます。
 最後まで肩のラインは地面と水平です。

 姿勢を良くして胸を張ってバランスを取ると、フォロースルーが大きく取れる。
  バランスがよければ、重いボールを打てるだけでなく次の準備も早くなる。

いかがでしたか?是非一度お試しください。
ではまた、次回ネットdeレッスンをお楽しみに!

▲ページTOP


HOME ネットdeレッスン

Copyright (C) Fujino Project Co.,Ltd. All Rights Reserved.