ネットdeレッスン(ドライブボレー!)
 このコーナーは、「Hotennis.com」愛好家の皆さんにだけ、 こっそりとお教えする 「秘密のレッスン」のコーナーです。
お友達に内緒で上達し、クラスの仲間を驚かせてしまいましょう!
 皆さんは、試合等でムーンボール「ふわぁっ」としたボールを多用して粘り強くストロークしてくる相手に苦戦していませんか?そんな相手とプレーする時には、短いボールが来るのをひたすら待っていては先にミスしてしまいます。ここで必殺ショットドライブボレー!を持っていれば突破口になるはずです。今回はドライブボレーに挑戦!
さりげなくできたらカッコいい 必殺!ドライブボレー!

立川ルーデンステニスクラブ
チーフコーチ  堀江 晋太朗

(初登場です!宜しくお願いします。)

  ラリーの時、ストロークVSボレーの時などに自分の目の前にムーンボール「ふわぁっ」が飛んできた時

@ワンバウンドさせてから安全に下がってストロークしようか?
Aいやいやノーバウンドで積極的に攻めてドライブボレーで打とうか?
Bドライブボレーはちょっと難しそうだからボレーでカットしようか?       迷う時がありませんか(?_?)
迷った時にはもうボールは通り過ぎてしまいます。思い切ってドライブボレーで攻めましょう!

 
難しそうだからちょっとー (>_<) と思っている方もコツさえ掴めば大丈夫!

Q1.ドライブボレーを打つメリットは?
A 相手に考える時間を与えずに強烈な?ショットを打ち込むことが出来ます。
  ショットのスピードよりも相手に与える時間的な攻撃という感覚でTRYすると
   ミスが激減!   

Q2.それじゃあ、逆にデメリットは?
A 相手に時間を与えない攻撃的なショットということは・・・ドライブボレーを打った
   後に打った張本人にも時間が無いということ!(>_<)
   気持ち良く打って安心せずに、もし返ってきたら・・・と次の準備も忘れずに!

@準備。 A打点は前でヘッドをやや立てる○

 ここで説明する準備とは、ボールの落下地点を素早く予測し、移動することです。上半身はリラックスしてテークバックに備えましょう。ボールを高い打点で打ちたいので、自分の肩の高さを目安にセットします。このときに相手に打つコースが読まれないため、体のバランスをとるために左肩入れ、手を伸ばすことが大事です。

 打点は必ず体の前で!前で打つことで、威力、スピード、コントロールがボールにしっかりと伝わります。体の横で打つと手先で何とかしようとしてコントロールが不安定になるので、インパクトで打球感を感じましょう。
B打点は前だが面が上向き  × Cフットワーク(体重移動)
  当然ラケット面は上を向かないように。
スイング方向は自分の打ちたい方向へコンパクトに素早くスイング。スイングがゆっくりだとボールが予想以上に飛んでしまいます。また
スイングが大きすぎるとインパクトでしっかりとボールを潰してうつことが出来ません。
    インパクトに集中し、コンパクトに素早くスイング!!
 テークバックが完了したらボールに体重をしっかりのせてボールをHIT!する訳ですが、その際に気をつけることが。
落ちてくるボールを待っているだけではHITできません。ある程度自分からボールに向かっていかなければなりません。その際、落下点を予測し打ち終わりにポジションがサービスラインより少し前になるように体重移動をよりスムーズに行うために
右足→左足→左足でジャンプ→左足で着地をします。
D右足から左足へ移動 E着地は左足で
 この時点ではまだボールはHITしていません。右足から左足へ体重移動し、そこからさらにボールに向かっている最中です。
 着地は左足。つま先が打球方向へしっかりと向くことで、打球したあとのボールに素早く対応できます。
F打球後のバランス  × G打球後のバランス   ○
 打球後にこの状態ではもしもボールが返球されたときに対応できません。ネットに近づいて打球しているということは、相手との距離も短くなり早いスピードで返球されやすいということも考えなくてはなりませんね。  フィニッシュは、左足に体重移動をしている訳ですから、打ち終わったあとのバランスをとるためにも体が「くるっと」回ってしまわないように左手で体の開きを抑えます。そして、次のボールに素早く対処出来るようにスムーズに前方へ向かいます。(スプリットステップへの準備)写真では打ち終わってから次のボールに備えての準備が始まっています。
  必殺ショットを打っているはず?ですが、もしも返ってきたら・・・。ということも考えて、ドライブボレーを打ったらのんびりボールの行方を見ているのではなく相手の返球に備えスプリットステップをしましょう。しっかりとラケットと体のバランスをレディポジションに戻すという意識が必要です!そうすることで必殺ショット+αショットで確実に優位に立てます!

  これで皆さんも必殺ショットが打てる・・・かも(^0^)是非一度お試しください。
          ではまた、次回もネットdeレッスンをお楽しみに!

▲ページTOP


HOME ネットdeレッスン

Copyright (C) Fujino Project Co.,Ltd. All Rights Reserved.