ネットdeレッスン
このコーナーは、「Hotennis.com」愛好家の皆さんにだけ、こっそりとお教えする 「秘密のレッスン」のコーナーです。
お友達に内緒で上達し、クラスの仲間を驚かせてしまいましょう!
スライスショットの基本
 
立川ルーデンステニスクラブ
サブヘッドコーチ 小清水 渉
スライスショットは、面の角度やフォロースルーを調整することによって長いボール、短いボール、ロブを打つことが出来るショットです。スライスショットが打てるようになるとタッチや面作りがよくなるので、ショットのバリエーションが増えます。是非トライしてみて下さい。
スライスのメリット スライスのデメリット
@少ない力で打てる。
Aリカバリーショットが打てる。
@エースが取れない。
Aパスが打てない。
フォアハンドスライス
↑テイクバック
ラケットは肩より高い位置にセットする。セットのタイミングは、ボールが弾む前に完了する。アプローチショットに使う時などは、できるだけタイミングはライジングで捕らえる。
↑インパクト
フォアのスライスは、右肩が後ろにある為、打点が後ろになりやすく、体の前でインパクトできるように心がける。その時ラケット面がオープンになると相手のチャンスボールになってしまうので、あまり回転量を多くしない方が良い。
↑フォロースルー
ラケットヘッドを立て前方に運び出すようなイメージで、スムーズにボレーに移行できるような体勢でフィニッシュを行なう。
バックハンドスライス
↑テイクバック
重心をまっすぐにする。ラケットがボールの外にあるようにセットする。
↑インパクト
タッチショットはラケットにボールが当たる瞬間を見ること。左手は相反するように、翼を広げる感じです。
↑フォロースルー
左手を残す。フィニッシュには体を使った方向に向く、そうすることで後ろに体重が残ることを防ぎます。

いかがでしたか?是非一度お試しください。
では、また次回の「ネットdeレッスン」をお楽しみに!

▲ページTOP


HOME ネットdeレッスン

Copyright (C) Fujino Project Co.,Ltd. All Rights Reserved.