ネットdeレッスン
このコーナーは、「Hotennis.com」愛好家の皆さんにだけ、 こっそりとお教えする 「秘密のレッスン」のコーナーです。
お友達に内緒で上達し、クラスの仲間を驚かせてしまいましょう!
ボレーの基本@
 
立川ルーデンステニスクラブ
チーフコーチ  岡本 智之
ボレーミスを減らせる5つのポイント
@早く準備をする
脇にボール1個分の空間を空けて、テークバックをコンパクトにします。顔をなるべくボールの高さに合わせてラケットフェースを顔に近づけましょう。
Aスピードを出そうとしない(ボールをパンチしない)
スピードを出そうとするとラケットを振る動作が出るため、ミスの原因となります。ボールをキャッチし、パワーを出すために足の踏み込みを使います。

B手首に角度をつける
ボールの威力に負けないために、手首の間接を曲げ、インパクト後もその形をなるべく維持しましょう。

C打点を前で取る
Bの手首の間接を曲げた状態で最も力が入るのは、体の前になります。

Dラケット軌道は平行移動が理想
ラケット軌道を極端に上から下に振ったり、すくい上げたりしないようにしましょう。ラケット面は平行移動(レベルスイング)させ、ボールを押す感覚で打ってみましょう。

グリップのポイント
人さし指と中指を離すようにしてグリップを縦に長く握りましょう。
⇒ラケットのグラつきを防止でき、面が安定します。
ラケットセット時はグリップを緩めておきます。 インパクトに向けて、小指側から、薬→中→人さし指の順番に、握り込むイメージのグリップワークでボールをヒット。
⇒スウィングを確実に制御でき、振り過ぎを防止できます。

いかがでしたか?是非一度お試しください。
次回の「ネットdeレッスン」は、「ボレーの基本A」です。お楽しみに!


▲ページTOP


HOME ネットdeレッスン

Copyright (C) Fujino Project Co.,Ltd. All Rights Reserved.