ネットdeレッスン
このコーナーは、「Hotennis.com」愛好家の皆さんにだけ、こっそりとお教えする 「秘密のレッスン」のコーナーです。
お友達に内緒で上達し、クラスの仲間を驚かせてしまいましょう!
スピード重視のトップスピン・回転量重視のトップスピン
 
  サリュートプロテニススクール
   ヘッドコーチ  大沼 俊夫

 トップスピンは、回転の量を調整することにより、スピードや深さを自由にコントロール出来るショットです。トップスピンがある程度打てるようになってきたら、2つのトップスピンの打ち分けに挑戦してみてはいかがでしょうか?また、トップスピンが苦手な方も是非一度試して見てください。トップスピンのコツを掴むきっかけになるかもしれません。

トップスピンのメリット
たくさんあるトップスピンのメリットの中から主なメリットをご紹介します。これらのメリットを最大限生かすために、状況に応じて回転量重視のトップスピンとスピード重視のトップスピン、2つのトップスピンを打ち分けることが出来ると、より効果的です。
 @ボールが落ちるので、アウトミスを減らせる。
   回転量を増やすとさらにミスが減らせますが、スピードは落ちてしまいます。
 A緊張感のある中、振り切って打てるので、プレッシャーに強い。
   スピード重視と回転量重視のトップスピン、どちらかに偏らずに状況に応じて使い分けると効果的です。
   例えば、ミスなくいきたい時は回転量重視のトップスピン、勝負に出たい時はスピード重視のトップスピンで。
 B相手前衛の足元へ沈められる。
   回転量を増やすとより沈みますが、打点が高く取れる場合はスピード重視のトップスピンでも足元をねらえます。
 C高く弾むので、相手の打点を狂わせることが出来る。
   回転量を増やし、ボールの軌道を高くするとより高く弾み、相手はより打ちづらくなります。
 D角度のあるボールが打てる。
   回転量を増やすと、より角度をつけられますが、打点が高く取れる場合はスピード重視のトップスピンでも、
   充分角度はつけられます。

 では、2つのトップスピンのそれぞれの打ち方ですが、腕や手先でいろいろラケットを操作してしまうと分からなくなってしまいがちです。あれこれ考え過ぎずに、スイングの軌道だけを変えて下さい。下記の通り水平に近いスイング軌道で振ると回転量は減りスピードが増します。下から上にスイングをすると回転量が増えスピードは落ちます。
スピード重視のトップスピン
↑テイクバックの時点で両肩のラインを水平にします。 スイングの軌道は水平に近い、下から上。 フォロースルーでは、テイクバックとほぼ同じ高さまで振りぬきます。
回転量重視のトップスピン
↑体重を後ろに残し、右肩を大きく傾けテイクバックします。 ↑テイクバック時の大きく傾いた肩のラインに沿うように、スイング軌道を約45度の角度で、振り上げていきます。 ↑右肘と右肩を打球方向へ向けて、なるべく高い位置に振りぬいていきます。

いかがでしたか?是非一度お試しください。
では、また次回の「ネットdeレッスン」をお楽しみに!


▲ページTOP


HOME ネットdeレッスン

Copyright (C) Fujino Project Co.,Ltd. All Rights Reserved.